FC2ブログ
 
■プロフィール

ミセスぶなの木

Author:ミセスぶなの木
ご訪問ありがとうございます。
小さなお庭の花のこと、猫のミルクとジル
そしてギャラリーの毎日の独り言

コメント頂けると励みになります。
よろしくお願いします。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
MRIを 1日に二度も体験してしまった。
MRI (体内の磁場に対する共鳴作用を利用した検査) 磁場共鳴画像というのが正式な名前
放射線を浴びないので、身体に優しく、懐には優しくない機械です。
3割で、7000から10000円(造影剤を使うと10000円)

一度 撮って 出来上がりまで、1時間まち、出来上がりの画像をもらって帰ることに
朝からご飯も食べず、水とお茶だけだったので、
撮り終わったあと 出来上がり待ちをドトールで、コーヒー2杯、モーニングをしっかり食べ、そろそろかな~と
取りに行くと、「あの~ あまりはっきり映っていないので、、造影剤を入れて再度 撮り直します。」
「えっ だってご飯たべましたけど・・・・・」  「あ~ 大丈夫です!」
なあ~んだ、食べてくるなと言ったあれは、なんだったの?」

また 着がえて、こんどは、造影剤の注射器をテープで着けて
また、あのガンガンという騒音の中に入ります。

3時間あまりに2回もあのガンガンの中にはいるのでした。、(なんだか分からないけれど、すごい音がするのです。)
普段病院と縁のない私には結構な疲労・・・・・・・
お腹の脂肪で、映らなかったのかしら てな訳では無いよね。
病院とは縁がなかったので、MRI CT
聞いては居たけれど、内容は良く理解していなかったと思います。

ヘルニアの時はCTでした。あの時は7000円だったかな
医療はお金がかかるのでした。

補足として、乳がんの検査では、
アメリカでは、MRIファーストという言葉があるほど MRIマンモグラフィの乳がんの検診が
第一の選択肢になっているそうです。痛みも触診もないということで・・・・
でも、多分、高額なんだろうなあと思いますが。
マンモグラフィで、嫌な思いをした人はこっちの選択と言うのもあるかも

しばし続くであろう、私の医療経験
これもストレスのせいかもしれませんが、どっちも頑張りましょう。

伊豆高原 最近の医療 | 17:45:07 | Trackback(0) | Comments(0)
医療保険から支払いがあった。
案外と丈夫な体で、いままで、脚の骨折で、障害保険をもらったくらい。
リュウマチと言われたけれど、違った・・・・
今回の手術も病気ではないと言うことなので、、でも帯状疱疹は2回経験している。
変わっていることは、はしかの抗体が無い、つまり、はしかにかからない体質であること

国立小児病院に勤務している時、感染科の先生が珍しいから、
99%が罹患する「はしか生ワクチン」を接種させてくださいと頼まれて接種したが、
抗体は付かなかった、先生がとても驚いて、
私は保存血液をとられ、きっと今でも感染科に保存されているかもしれません。

仕事上、B型肝炎のワクチンを自費で、5万円も出して接種した時も抗体は出来ず
感染科の先生が、ワクチンで抗体ができないのなら、それは、感染しないと言うことだから
もういいです。と言われてしまった。
その時、言われたことは
、「昔 天然痘が流行しても、罹患しない人間がいたから、そういう特殊な身体の人かも・・・・」

私って、特殊?でも風邪ひきますけど・・・・・・・

人間の身体は、神秘な部分が多々あるのだと思います。
アルコール分解酵素を持たない人間が、一人アジアの真ん中で、生まれて、
今 アルコールが飲めない人はその人のDNAから派生していると聞きました。

不思議です。




伊豆高原 最近の医療 | 16:42:59 | Trackback(0) | Comments(0)
初点滴 初手術 初入院・・・・・だまされた?
すでに退院して伊豆高原に戻りました。
簡単な手術でしたので、1泊入院でしたが、いろいろ考えさせられることが多々

差額ベット代として1日15000円 ・・・・・・高いと思ったけれど
最初から、差額ベッド以外の病室があると言う説明はなかった。
7 床しかないと聞いていたので、それしかないとおもっていたら、二つベッドのある病室があるのを見て 「?」
差額ベッド以外のベッドが無いのかと聞けば良かったのか・・・・・

もう一つ差額ベッド代が15000円と聞いていて15000円と思っていたら、
1泊2日だから3万円と書いてあり、 「?」
日帰り手術なら、15000円ですと言われて、またまた 「?」

旅館に泊まって1泊2日で2日分払う? 病院はちがうのかしら・・・・疑問

でも友人が「差額ベッド代をケチッて、3センチのところを5センチ余分に切られたらどうするの?
頼むから、何も言わずに、支払って・・・・」と言われ・・・・て
なにしろ入院の経験がないので、そうすることにしましたが、

なんとなくだまされたような、スッキリしない感じです。
私だけかな~

とりあえず 切られて 退院しました。

伊豆高原 最近の医療 | 18:10:36 | Trackback(0) | Comments(0)
朝早く行ったのですが・・・・・
朝早く 東京へいったのは、病院の受診でした。
30年らいの不快感を一掃しようか、と私としては一大決心ででかけたのですが

やはり 昨今の医療の壁というか なんというか がっくり・・・・

20代後半 どうも右わき腹に鈍い痛みが時々起る、起こらないときもあるけれど続くときもある
足の付け根というか
それで、婦人科の病気かなと思い、虎ノ門病院を受診
先生に「 盲腸でしょうか?」ときいたら  「あのね 盲腸なんて死語です。 盲腸で切る人はすくない」
と言われて、婦人科のあらゆる検査をしました。検査料金が高かった。
しかし、どこにも異常はなく、先生は、
「異常ありませんね。」と言われたので、「では、この痛みは何なんでしょう?」と聞いた私に先生は、
「盲腸かもしれませんね。」と、平然と答え、痛み止めと抗生物質を処方しました。

それから、時々起る鈍い痛みの不快感と共生するように生活してきました。
50歳のころ その痛みが2週間くらい継続するようになり、とうとう どこかおかしいと思い受診

その時の先生が大きな病院を定年退職された、高齢の消化器科の先生で、
レントゲンと触診で、
ソケイヘルニアだね。と診断 良く言う脱腸のことです。
男の人に多いらしいのですが、女性のばあいは、
子宮を吊っている腱のようなものがお腹の内側にくっついていて、赤ちゃんの時に
その腱と皮膚のつなぎ目は無くなるのだが、
たまに完全にその穴がふさがらないで、うまれてくることがあるらしい
そうすると、その丸い穴から大腸が顔を出して、大きく出ると壊疽を起こして死ぬ場合もあるとか

私の場合はその穴がとても小さくて便秘をすると大腸がその穴をうちがわからこする状態になり
その時痛みとして現われる。  なるほど・・・・・・

その先生は触診して、 「ほら ここ!」と言って指をつっこんだ
「この場所が触診でわかるのは、まあ、私ぐらいでしょ、宇宙で、穴を探すようなものだから」
その先生は当時、大腸癌の権威だったらしい。
「腹圧をあまりかけず、便秘しないようにして、60歳すぎたら手術すれば良いですよ」

それから原因が分かったので、私も安心し、気を付けて過ごすようになりました。
そして、60歳すぎ、そろそろ解決しようかと思い立ちヘルニア専門病院を受診。

そこで、事件です。症状の経過を話すと
「レントゲンと触診で、ヘルニアと判る筈はない!」 とまず一言
超音波で調べてみましょうということになり、しらべたあと、また 「ヘルニアでは無い!」
 私「では、この痛みはなんですか?」  「大腸の他の病気の痛みとしか考えられない」
そう言われて、また いままでの経過を話すも、ぜんぜん取り合わず

CT 撮ればわかりますが(費用がかかりますよ・・・・・)とあんに言いたげ
私は 「あ~ なんか虎ノ門病院がよみがえるな~」
でもここで、決着をつけよう!私は、前の先生の見立てを信じていましたので、「CT やります!」

結果は・・・・・
パソコンを前にしている先生に 「穴はあいているのでしょうか?」 先生「小さい穴が・・・・」
私 「診断名はなにになるのですか?」 先生「ソケイヘルニアです。穴は小さいですが」
私 心で、やっぱり!

その次に先生のいった言葉 「こんなに小さいんだから手術するほどのものでは無いと思います。」
へぇっ それって痛みに30年間悩まされた患者に言うこと?
小さくても症状があり、本人がなやんで、解決したいと言い しかも 遠方から来ていると言うのに
自分の誤診を棚に上げて・・・・

この先生は初診を診る先生で、手術はベテランの先生で、別なのですが、
出鼻をくじかれたようで、なんだかしっくりしません。
あ~ 私のヘルニアはどこで治してもらおうかなあ~




伊豆高原 最近の医療 | 12:04:17 | Trackback(0) | Comments(0)
胃カメラで、褒めれても・・・・複雑
3月3日は彼にお店を任せて、私は胃カメラの日
またまた 海の見える病院へ出かけました。
今まで、胃カメラの経験はなく、
それならと先生が一度は意識をたもったまま経験しては、とのお勧めでした。
安易にそのお言葉に乗ってしまいましたが、結構なものでした。

担当の看護師さんが三回も 「すごい 胃カメラ上手です!」とのお褒めのお言葉
よほど大変な人が多いのでしょうね。
あまりに看護師さんが何度もいうので、先生が
「そんな事 褒められても嬉しくないですよね。」と言っていました。確かに・・・・・

異常なしということで、「バリウムを毎年飲む必要はないでしょう。
                   胃カメラを2年に1回やれば」と言うことでした。
健康診断で、1個だけ拒否はあり?

帰り道、あまりにおなかがすいたので、駅の周りをぐるぐるしましたが、
観光客も多い駅の回り(伊豆高原では無い)のお店はなんだか入る気がせず、
なんと 数年ぶりにマックに入り、ハンバーガーとポテトフライ コーヒーを食べました。

旅行鞄をズルズルと引きずりながら、中高年の方がいっぱい・・・・
やっぱり、注文の仕方がぎこちない
でも、ちょっとお茶するところがこの駅の回りには無いようです。
現在 駅ビルを建設中ですから、もう少しすると変わるのでしょう。
駅のまわりの人の流れも変わりますね。

これで、「精密検査が必要」はクリアしました。
でも発見されない何かが隠されていることはあるかもしれません。
あれだけの長期のトラブルで、健康被害が出ないとすれば
心底 丈夫な体か、相当 ニブイ身体ということになります。

どっちかなあ~


伊豆高原 最近の医療 | 16:02:15 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ 次のページ