FC2ブログ
 
■プロフィール

ミセスぶなの木

Author:ミセスぶなの木
ご訪問ありがとうございます。
小さなお庭の花のこと、猫のミルクとジル
そしてギャラリーの毎日の独り言

コメント頂けると励みになります。
よろしくお願いします。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
信条に反しても、の購入の帯
先日 東京へ仕事がらみで行った仕入れ先でのこと
いつもは、あまり立ち入らない 呉服関係の売り場
その時は、夏用の絽の半襟を購入する目的で、ちょこっとお邪魔しました。

昨年の夏用の反物がセールになって積まれていました。
ふ~ン どれどれ夏用って何があるのか 講学のため見てみると

以前から1枚はほしいなと思っていた、「小千谷縮」の麻の反物が安い!
結構 真剣に吟味・・・・・しかも 私に一番似合うベージュが・・・・・・
もう 半分気持ちは揺らいでいる。
でもそこで、ふと 目を転じる・・・と

夏用の帯?よくよく見ると、なんと 「シナ布」の帯・・・・・・セールの札とともに
おいでおいでと私を呼んでいる。
以前、ぶなの木の企画展で、「シナ織」の企画をしたとき
帯をはじめ、帽子 日傘 草履 バッグなど展示販売しました。
その時の帯はたしか、模様が入っていない織地の帯で、10万円以上だった
勿論 買えず、日傘も10万円だった、もちろん 買えず・・・あたりまえか。
う~ん ここはいったん冷静にならねば、と思い

店内のベンチに座り、果たして今の私に必要なのは、着物地の反物か、夏ようの帯か・・・
何しろ、昨今の夏の暑さ・・・で、キモノ 着る?
いやいや それはさておき、キモノ? 帯?

夏の単衣や、盛夏の薄物を思い浮かべてみると
着物は、夏大島 サマーウールの普段着、夏塩沢、駒緞子の単衣、麻と絹の織のもの
本塩沢の単衣 絽の小紋などなど・・・・

夏の帯が少ない、いつも悩む。

やはり、「帯でしょう。」 と自分に納得させている自分・・・・・
彼に電話して、一応、 「あの~ 帯を買おうと思うのですが。」と言う

彼 「えっ本当に買うの?」と、そうですよね。確かに。
でも病院通いも頑張ったし、とりあえず 生きてるし・・・・・
今を楽しく生きるときめたのじゃ~ 買う!

母からのキモノ 母がもっていた着物など手持ちのキモノや
いただきものを駆使してキモノライフを楽しむ という私の信条に反して、今回は購入を決意した顛末でした。

ふふふふふ・・・・・・でもうれしい、ヤッター!

伊豆高原 時々着物 | 14:14:34 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する