FC2ブログ
 
■プロフィール

ミセスぶなの木

Author:ミセスぶなの木
ご訪問ありがとうございます。
小さなお庭の花のこと、猫のミルクとジル
そしてギャラリーの毎日の独り言

コメント頂けると励みになります。
よろしくお願いします。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
着物の洗い・・・・単衣
きょうは、午前中にキモノを2枚 洗いにもっていきました。

昨年、実家を整理したときに 2Fの押し入れの中から大量のキモノが出てきました。
これは私の記憶には無いものですので、きっと 母が親戚からもってきたものだと思います。
何しろ9人姉弟で、しかも、北海道の材木商だった母の実家は。お金持ちだったのではと思います。
着道楽の娘たちという塩梅でしょう。

やはり母の年齢ですと、キモノをゴミとして捨てるということができなかったのではと思います。
しかしながら、私が着れるかというと、キモノの好みやサイズなどもあり難しい。

昨年の10月からゴミ袋に入れてきっちり縛ってそのまま保管。
何十年もの長きにわたり、茶箱に入っていた着物と帯はカビのニオイが強烈!
つまり、何かの手当をしないと勿論 きることはできません。
かと言ってお金をかけてまで、手当して着るかというと 疑問。

そこで、とりあえず、サイズ的になんとかなる、まあまあ好み、素材がいいものを選び
これからの季節を考えて、
単衣のキモノ、1枚は「絽」という盛夏用と1枚は絹と麻が入っている単衣用を
「生洗い」に出して、今夏着ることにしました。
そうすればサイズ直しは無し! 洗いの費用だけで、何とかなるかな~

彼は本当に着るのか?という目でみていますが、
母の処から 下駄や草履ももってきたので、 「着るわよ~」
来年の夏 生きているかどうかもわからないもの、
体力のあるうちにやりたいことは、やっておく・・・・のだ

ということです。  ガンバル

伊豆高原 時々着物 | 14:05:11 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する