FC2ブログ
 
■プロフィール

ミセスぶなの木

Author:ミセスぶなの木
ご訪問ありがとうございます。
小さなお庭の花のこと、猫のミルクとジル
そしてギャラリーの毎日の独り言

コメント頂けると励みになります。
よろしくお願いします。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ただいま 1泊出張から・・・・・
23日は、あの渋谷のヒカリエへ初めて入りました。展示会です。
驚くこともあり、企画展が出来そうな作品に出合えたり、そして足も痛くなり・・

日本の流通機構が崩壊して久しくなりますが、「問屋」という仲介業者がなくなり、
問題も多く発生していると思う現状です。
と言うのも、製造している、製造元が直接販売先を探す。という現象が起こる訳ですが、
うちのような小売店に対しても、問屋にいままで卸していた感覚で、いるようで、
初回の取引に15万円とか30万円とか言ってくるわけです。
売れるかどうかも判らないバッグを10個も、仕入れることなんてできません。
問屋さんがあれば、1個から仕入れられて、「あ~これは売れそう~」と思えば追加・・・・
というこも出来るわけですが、それが出来なくなっています。

オイルショックの時も、中間に問屋が入っていたからこそ、
衝撃も緩和されてあんなもんだったと聞いています。

オーガニックコトンでも同じことがあって、
「このハンカチいいですね。50枚ほど入れたいのですが」と言ったところ
1単位は1000枚です。と言われました。
個人商店で、1000枚のハンカチをどうしろと言うのでしょう。

問屋が存在していた時は、問屋が1000枚まとめて、発注し
小売店に50枚とか100枚とか卸すという仕組みだった訳です。

中間搾取している問屋というイメージがありました。
なんでも「産直」の時代ですが、
でもリスクも「産直」と言うことなんですね。

日本伝来の問屋システムが無くなって、色々な事が起きています。
この商売をして、初めて知ることも多いです。
メーカーさんが小売店に卸すようになって、いままで、事務職の方が営業になり、
電話の応対も「?」
「あ~ ぶなの木ね、ゴメンナサイ 今 ○ ○サンはお昼に行ってます。」とか
「ゴメンナサイ ゴメンナサイ 取り次ぐの忘れてました~ スンマセン」とか

私 あなたのトモダチでは無い!
言い始めたらキリが無い。

考えさせられる出張の1日でした。








仕事で外出 ギャラリーぶなの木 伊豆高原 | 13:28:31 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する