■プロフィール

ミセスぶなの木

Author:ミセスぶなの木
ご訪問ありがとうございます。
小さなお庭の花のこと、猫のミルクとジル
そしてギャラリーの毎日の独り言

コメント頂けると励みになります。
よろしくお願いします。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
玄関にあるシャワーキャップ 2個の訳
お店と自宅をつなぐ玄関にシャワーキャップが2個置いてあります。
良くホテルに行くとある、あのキャップです。

ドイツの靴は紐靴で、ぬいだり履いたりが大変という話をしましたが、
時々 急いで二階へ行かなければならないときがあって、
そんなとき、靴にこのシャワーキャップを履いて、スタコラと二階へ行くのです。

昔 二十歳くらいの頃、革のロング編みあげブーツが流行りました。
今と違って、サイドにファスナーなんてついていない、本格派です。
これを友人と競って、二本の指に紐をかけて、一気に金具にひっかける競争などしていました。

玄関で一気に編みあげブーツに紐をかけて、さあ~出かける。となったとき
あ~忘れ物! はじめは、しおしおと紐をほどいていましたが、これでは完全に遅刻です。
しばらくすると、レジの袋をブーツの上から履いて、チャッチャッと
忘れ物を取りに行くようになりました。
親が見ていたら、怒鳴られそうな姿でした。

今は、誰にも怒られません。
誰にも怒られない歳になってしまったのも悲しいです。
怒る人もいなくなってしまったのも 寂しい気がします。

時々 そんなことを思い出しながら、シャワーキャップを履いています。



プライベート 伊豆高原 ギャラリーぶなの木 | 16:48:08 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
私は、逆?
怒る人が居ない方が気が楽です。
怒られてばかりだと、性格歪みます。
歪むと、人が怖くなり、心が縮こまり、積極性が損なわれ、
失敗を恐れるばかりの人生になります。
誰も居ないのに、いつも後ろからつつかれている様な・・・★
2013-08-04 日 22:23:01 | URL | オッド mama [編集]
私は、自分では、気がつかない事を
注意してくれる人の存在はとても大事だと思っています。

他人に言ってくれる人は少ないし、
(他人事ですから、嫌な思いもしたくないでしょうし )
歳を重ねるとなおさら 言ってくれる人はいない。

いくつになっても、注意されて立ち止り、
自分を振り返られるようにしていたい。
人間なんて、未熟ですものね。




2013-08-05 月 16:34:27 | URL | ミセスぶなの木 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad