FC2ブログ
 
■プロフィール

ミセスぶなの木

Author:ミセスぶなの木
ご訪問ありがとうございます。
小さなお庭の花のこと、猫のミルクとジル
そしてギャラリーの毎日の独り言

コメント頂けると励みになります。
よろしくお願いします。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
心痛む事件が・・・・・・
以前、歯科衛生士として障害児歯科治療に携わっていた身としては、
戦慄する事件が起こりました。
考えられません・・・・・・・

正常な大人でさえ、歯科治療は不快だし、怖いものです。
あのキーンという音 ガガガガっという振動 表面麻酔をするとしても、怖い歯科注射
何をされるのかわからないという不安で、暴れまわる障害児の歯科治療は野戦病院の様子でした。

しかし、何回か来院するうちに、
暴れて、泣いて、蹴飛ばして、ツバを吹きかけて、抵抗しても
治療が終わると、なんだか単に、いじめられているわけではないのだとわかるのか
汗と涙で、びしょびしょの顔で、 「・・・・・ありがとうございました・・・・」と叫ぶように言って帰ってゆく・・・

また来ると、同じように暴れるのですが、
だんだんと親しみがわいてくるのですお互いに。

ある日、病棟から大きな乳母車に乗せられてきた子がきました。
障害を持った子です。
私は動けず、話せず、理解できない子供だと思っていました。
でも 「今日は、火曜日で面会日だから、お母さんくるといいね。」と
何の気も無しにはなしていたら、 「うん!」と大きな声で、返事したのです。

私はとてもびっくりし、とても反省しました。
こちらからの一方的な判断で、決めつけてはいけないことを
あの出来事があったので、私はあそこで、6年間仕事ができたと思います。

犠牲になられた、沢山の人々まだまだ楽しい生活ができたのに、残念です。
心からご冥福をお祈り申し上げます。





スポンサーサイト



プライベート 伊豆高原 ギャラリーぶなの木 | 12:53:59 | Trackback(0) | Comments(0)