FC2ブログ
 
■プロフィール

ミセスぶなの木

Author:ミセスぶなの木
ご訪問ありがとうございます。
小さなお庭の花のこと、猫のミルクとジル
そしてギャラリーの毎日の独り言

コメント頂けると励みになります。
よろしくお願いします。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
志木の片付け完了
今日で、志木の片付けが完了 2個荷物を出して終わり。
いろいろな物を持ってゆくので、片付けが大変でした。
志木の搬出のあくる日に日帰りで大阪まで出かけたし、まだ 60歳代だからできるのかも知れません。
トラブルとの戦いも70歳代なら、無理だったかも知れません。

最近思うことのひとつ 
医者と弁護士は、似ている・・・・・・
トラブルの関係で、何人もの弁護士に会う機会がありました。
医者と弁護士は、なんだかそう名前を聞くだけで、なんでもできる人のように思ってしまいがちですが
例えば、耳鼻科の先生にお腹を切ってもらおうという人は居ませんよね?
弁護士でも、離婚専門 金銭専門 刑事事件専門 セクハラ専門と得意分野が分かれています。
医者のほうが、まだ 内科 外科 皮膚科 眼科と専門を看板に書いてあるので、
ある程度は、そこへ行けばよいというのがわかりますが、

弁護士は、あまりはっきりわからない。
守備範囲が広いし、弁護士の数が多くなって、仕事が少ないので、
得意ではなくても仕事を引き受けることはあると思う。
弁護士費用は高いので、なかなか難しい世界です。

知り合いのときは、弁護士同士が談合して、取引し訴訟を長引かせて手数料を稼ぐのを見ました。
結局 解任して別の弁護士を頼んだ時点で、数百万円の費用をただ ドブに捨てたような結果になりました。
力のある弁護士が相手側の若手の弁護士に圧力をかけて、裁判結果に影響がでたのも見ました。
テレビに出てくる熱血弁護士は、テレビの世界だけだと思います。

弁護士ほど、学歴 肩書き 世襲がものをいう世界です。
その狭間で、迷惑するのは、いつだって庶民です。

医者には、この手術は何例行って何人成功していますか?
弁護士には、こういう事例の裁判の経験は、どのくらいありますか?勝率は?
とずばりきかないといけません。
遠慮していたら、それこそ命にかかわります。

人柄を見抜き その人の実力を見極めることはなんて難しいのでしょう。
60年生きていても、まだまだです。
究極は、「あれ、なんかおかしい。変だ・・・・・」と感じた時の自分の直感が案外正しいことです。
そういう時は、その直感に従うのが正しい道だと思います。




スポンサーサイト



お店の仕事 ギャラリーぶなの木 伊豆高原 | 22:00:49 | Trackback(0) | Comments(0)