FC2ブログ
 
■プロフィール

ミセスぶなの木

Author:ミセスぶなの木
ご訪問ありがとうございます。
小さなお庭の花のこと、猫のミルクとジル
そしてギャラリーの毎日の独り言

コメント頂けると励みになります。
よろしくお願いします。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
着物ブログ
時間があると、お気に入りに入っている着物ブログを見ています。
みなさん着姿を自撮りしているのですが、
横から見ていた彼が 「なんで、みんな着物の前のところに皺が寄って余っているの?」と聞いてきました。
確かに、だぶだぶしている方 皺が寄っている方が多い

原因は、
ネットやリサイクルで自分サイズの着物を購入していないので、単にサイズがあっていない。
着つけが上手に出来ていない。(補正?) 痩せている方。

ただ単に私の胸が鳩胸なので、皺の寄りようがない、、または、単に太っている なのよね。
着物には、サイズが無いと思っている方も結構いるのですが、
自分サイズで、自分用に仕立てていないと、きれいに着られないし、着にくいということでもあります。

洋服の仕立てと違い、直線と平面なので、逆にサイズが合わないと難しいと思っています。
どうでもよいと考えるなら、それで、OK 人それぞれですから・・・・・・

でも、洋服でも袖丈や裾丈など、自分で直せる範囲は直します。
着物の和裁はできないので、・・・・お直しに出さないといけませんが

十日町紬の薄いピンクの縦シマの紬を着ようかなと思案中
帯はアイボリーの帯 帯締めはエンジ(もっていたかしら?)
帯揚げは全体的に淡い色系なので、濃いブルーなどは?(う~ん これも持っていたかしら)

着る段になって、全然別物になることが多いので、どうなりますか?
この紬は、亡くなった彼の母上に買ってもらった(いつ?)着物です、30代?

大丈夫かしら、
最近の着物傾向は、きれいな色を着るというのがあるので、まっ いいか。





スポンサーサイト
伊豆高原 時々着物 | 16:27:25 | Trackback(0) | Comments(0)