FC2ブログ
 
■プロフィール

ミセスぶなの木

Author:ミセスぶなの木
ご訪問ありがとうございます。
小さなお庭の花のこと、猫のミルクとジル
そしてギャラリーの毎日の独り言

コメント頂けると励みになります。
よろしくお願いします。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
梅雨に入りましたね。
昨日は大雨になりました。とうとう 梅雨に入ってしまいました。
梅雨が明けると 大の苦手な暑い夏がやってくるし・・・・

そんな中 今日からアナンダ工房の企画展が始まりました。
聞きしに勝る 「200カウント(糸の細さ)手紡ぎ 手織りの綿モスリン」のブラウスでした。
早速 地元のリピーターさんがお買い上げ、
なんといっても、この細さ 肌さわり 極上の「綿モスリン」です。

綿花を手で紡ぐということは、こういう事かと言う感じです。
機械で紡ぐのとは違い、「人」の手で、綿花の調子を見ながら糸を引くということの優しさというか
細やかさと言うか、それが、手織りという工程を経て、布になってるのが綿モスリンです。

日本ですと、モスリンと言えばウールが常識ですよね。
それが綿なのですから驚きです。

昔 インドでも上流社会の方しか高価で身に纏えなかったというのもうなづけます。


スポンサーサイト



企画展 伊豆高原 ギャラリーぶなの木 | 17:09:57 | Trackback(0) | Comments(0)