FC2ブログ
 
■プロフィール

ミセスぶなの木

Author:ミセスぶなの木
ご訪問ありがとうございます。
小さなお庭の花のこと、猫のミルクとジル
そしてギャラリーの毎日の独り言

コメント頂けると励みになります。
よろしくお願いします。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
バーゲンシーズンで、思うこと
仕事で東京を一日中歩き回れるのは、なんといってもドイツ製の靴のおかげです。

歯科衛生士を23年、これは立ちっぱなしの仕事、
そして 足を酷使するプロ並みのスキー人生
山歩きとスキーのトレーニングで、脚を酷使

そこへ持ってきて、私の関節はとても柔らかいので、特に足のくるぶしなどに
長期、過重な負担がかかり、30代前半頃から、くるぶしの下の骨に
穿刺骨という痛みを感じる骨?ができて、長くあるくと痛み、熱をもつように・・・

スポーツ整形外科のある病院で靴の中に入れる調整板を作ったりがきっかけで
ドイツのシューマイスターの資格を持つ方のお店で、
ドイツの靴を買い、履くようになりました。

ドイツは軍用の靴の開発に力を注ぎ、人間の身体の動きなどから靴を作ってきています。
日本はつい先ごろまで、下駄と草履の時代でしたから、100年ほどの歴史しかなく
石畳のある、革の文化の欧米には、まだまだ・・・と感じています。 
(バーゲンで、スペイン製の靴を買いました、デザインは素敵、革もすごく良かった・・が 
しかし 格好だけでした。靴底がかなり薄く、道路の凸凹を拾い、歩けませんでした。)

確かに1足が高い・・・・サンダルで3万円、靴なら4万円~(何度でも修理が効きます。)
でも これしか履けない足の痛くなる私としては、このドイツの靴のバーゲンを狙う訳です。

同じような人が居て、大変な中、頑張るわけですが、
足の縦長のサイズと足の幅にあうサイズを見つけ、
まあまあのデザインの靴は、さすがになかなかありません。
バーゲンとはそういうものですから、仕方ないのですが。

で、ちょっぴり妥協する。
23、5センチ、足幅 最小のところを、チョッピリ太めだけど、まあ、いいか・・・なんて。
しかし、ベストマッチの靴を履きなれていると、やはりどうしても気になって・・・
雨の日ようにしようか、などと考えたり、

ベストマッチのサイズ 気にいったデザイン、色 は正規の価格で買わないと
結局、お金と時間の無駄になっている。

バーゲンは やはりバーゲン、
たまたま自分のベストと出会えたら、それは奇跡に近い幸運です。

あ~ 今年のドイツ製の靴のバーゲン、行くべきか 行かざるべきかそれが問題です。











スポンサーサイト
プライベート 伊豆高原 ギャラリーぶなの木 | 14:59:07 | Trackback(0) | Comments(0)