FC2ブログ
 
■プロフィール

ミセスぶなの木

Author:ミセスぶなの木
ご訪問ありがとうございます。
小さなお庭の花のこと、猫のミルクとジル
そしてギャラリーの毎日の独り言

コメント頂けると励みになります。
よろしくお願いします。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
イチヂクのゴマクリームがけ
きょうは、地元産のイチヂクで冷たいお菓子を作ります。
材料は、イチヂク ワイン 生クリーム 練乳 ゴマペースト グラニュー糖

器に皮をむいたイチヂク(完熟に限る)を並べ ワインをかけてラップしレンジにかける
この出た汁を別容器に取って、イチヂクは冷蔵庫で冷やす。

ミニすり鉢にゴマペーストを入れて、そこへグラニュー糖を入れてゴリゴリ
良く混ざったら先ほどのお汁を入れて、生クリーム 練乳を入れて混ぜる、
う~んと 量はいつも目分量なので、みなさん適当に・・よろしく!
ただこのクリームはトロリとかけるのが本来の姿なので、そこんところを重視して適当にやってください。

本当に、適当ですみません。

そうそう 梅ご飯を二種類焚きました。
それぞれに美味しかった。
1、長野などのカリカリ梅(これが手に入らないと もうダメなのですが、)
  実が柔らかくない梅干しの事で、寒い地方でないと出来ないかも
  
  焚き立てのご飯にこのカリカリ梅のみじん切りを混ぜて、半ずりごま(白)をたっぷり
  たべるときに大葉の千切りをてんこ盛りに散らす
   
  これだけ・・・。

2、梅の炊き込みご飯
  柔らかい普通の梅の実だけを採って 焚くお米になぜる(2合で4から5個大きめ)
  ショウガの千切り、 酒 塩(適当・・・・まただ)を入れ 昆布を入れて普通に炊く
  炊きあがったら、混ぜて大皿に盛り
  油揚げ1枚をみじん切りにして アルミホイルに広げてキツネ色になるまで焼く
  これと、大葉の千切りか三つ葉を散らす。
  しょうがと梅のあっさりで、暑いときもさっぱりといただけます。

今晩は さんまが一匹98円 お一人様 5匹までというナガヤスーパーのチラシに惹かれて
さんまの塩焼きです。

実家ではサンマは内臓を出して焼くの(北海道だけ?)ですが、結婚した頃
よそ様では内臓ごと焼いて、その苦みを一緒に食するのが通とか聞いていたので
私は内臓抜き 彼には内臓付きで出していました。

でも見ていると内臓を食べていない様子なので、聞いてみると
「やっぱり苦くて美味しくない」と言うのです。
なあ~ンだということで、我が家では北海道方式のサンマになりました。
本当に、みんなあのニガイのが美味しいのでしょうか?

内臓が無いとすっかり全部食べられて、美味しいのですけれど
みなさんも北海道方式はいかが?



スポンサーサイト



結構料理好き 伊豆高原 ギャラリーぶなの木  | 16:41:35 | Trackback(0) | Comments(0)