FC2ブログ
 
■プロフィール

ミセスぶなの木

Author:ミセスぶなの木
ご訪問ありがとうございます。
小さなお庭の花のこと、猫のミルクとジル
そしてギャラリーの毎日の独り言

コメント頂けると励みになります。
よろしくお願いします。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
小さな嬉しい事
先日 時間を作って沢山いただいた半襟を洗濯しました。
ワイドハイターにつけて洗って干して、白い布がひらひら・・・
よ~く見ると、細かな模様が浮き彫りになってきれいな楽しいひらひらです。
梅模様、波模様 日本的な可愛い柄が沢山 ありがとうございます、着物好きだった方
大事に使わせていただきます。

着物好きだった方が亡くなられて、回りまわって私のところへ。

いっしょに頂いた着物が何か分からなかったので、仕立てやさんにどっこいしょ、と持ち込みお勉強。

1、深緑の紬で、単衣サラッとした手触り・・・・夏塩沢でした。
  着る時期は、6、7 9月
  お仕立てしただけで、お召しにはなっていないようです。寸法も大体OK。

2、とろりとした手触りの重みのある小紋 薄いグリーン これもほとんどお召しになっていないような・・
  ところどころしつけが付いています。
  じつは、これで、長羽織りを作れるかという相談で、大丈夫です。というご返事でした。
  これはすぐにはお金もかかるしで、持ち帰り。

3、祖母のコート、勿論サイズが合わないだろうし、直せるかという疑問でした。
  やはりコートは着物と違って難しいというお答えでしたが、羽織ってみたら
  そのコートが昔のもので、ロング丈で、それが今の私の膝下で丁度
  裄が1センチくらい短い、 身幅も勿論狭いのですが、ホックを点け直せば大丈夫ということ・・・?
  本当?昔のコートは大きめに作ったらしい。そう言われれば思ったほど小さくは無い。
  ふ~ん 考えてみようかしら、礼装用のロングの道行はあるのですが、
  紬や小紋用の冬のコートが無いのです。今更 買うこともできませんし。
  

4、本塩沢の着物の袖丈があわないので、直しが1枚。
  昔 エイヤッと購入した泥染めの着物がどうも着づらい、
  ということで、相談。仕立ての方曰く  私の体型は鳩胸で、しかもなで肩で、
  きものの仕立てがとて難しい体型とか・・・・
  でも洋服でも日本製は合わないので、一体私は何を着たらよいのでしょう。
  
まあ、どっちにしろ万事普通が良いというか、楽と言うか、ですね。
それでも、とても気に入っている白っぽい本塩沢の着物の袖丈直しも
泥染めも年内にはなおしていただけるので、お正月には着られます。

泥染めはお正月に何度も着たのですが、本塩沢は楽しみです。
最近 気が付いたことは、洋服の似合う色と着物の似合う色が同じ・・・
当たり前ですが、着物のほうが身体全体を覆うので、色は更に大事なのだと気が付きました。

私はそそっかしいので、まず汚れにくい色と思っていましたが、
なんといっても白ベースが似合うので、困った。
極淡いピンク オフホワイト サンドベージュ ブルーがかったグレイ
ひゃ~ どれも食べ物が飛んできそう。

でも着なければもっともったいない
エイ どんどん着ちゃおう。今似合う色が大事、10年後にも似合う色って言ったって
その時 生きているかわからないし、今が大事。

何事にも、今が大事です。後悔しないように一生懸命生きましょう。




スポンサーサイト



伊豆高原 時々着物 | 17:28:17 | Trackback(0) | Comments(0)