FC2ブログ
 
■プロフィール

ミセスぶなの木

Author:ミセスぶなの木
ご訪問ありがとうございます。
小さなお庭の花のこと、猫のミルクとジル
そしてギャラリーの毎日の独り言

コメント頂けると励みになります。
よろしくお願いします。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ミルクが永眠いたしました。
伊豆高原 ギャラリー ショップ ギャラリーぶなの木 猫のミルク

皆様にかわいがっていただいた、猫のミルクが永眠いたしました。
猫として、穏やかで気配りのできる ぶなの木にとっては、出来すぎたでした。
お店をオープンして1年目に、すでに7㎏の成猫で貰ってきた迷い猫でしたが、
しつけもしっかりできていて、まず とても気配りのできる優しい性格で、
ミルクが最初に飼った猫で、本当に私は幸せでした。

人懐っこくて、呼べば必ず「ウン?」と返事をするかシッポを振って、返事をする
カメラを向けると必ずカメラ目線

お客様に言わせると 「奥様に似て真っ丸顔ですね。」私が生んだの?というくらい似ていたようです。
ミルクのママとしては、失格です。ミルクほど性格が良くないし・・・・

気配りのミルクは、最後まで、本領を発揮。
もう すでに歩ける状態では無いのに、ヨロヨロと立ち上がり数歩 歩いてはベタと倒れ
どこいくのかな?と思って見ていると、またしばらくするとヨロヨロと立ち上がり
やっとの思いで、自分のケージの中に入って、ベターと倒れこんで、しばらく動きません。
良く見ると、そこにオシッコをしていました。
あんな状態でそこまで、行かなくても・・・・

今日も、お店が終わって二人が自宅に上がってきたとき、
私の腕の中で、容態が急変 二人に看取られて、天国へ行きました。

きっとこの一週間の看病も私たちが悔いを残さないようにしてくれたんだと思います。
看病してくれてありがとう。もういいからね。ときっとミルクなら言ってくれたことでしょう。

ミルクは苦しまず、あまり痛いことも無く天国へ旅立ったと思います。
生活が激変した、「ギャラリーぶなの木」のオープン当時、どんなにかミルクに助けられたことでしょう。
ミルク ありがとう。
またどこかで、一緒に暮らすことができたら嬉しいです。
13年間の素敵な猫との生活 ありがとう。きっと また どかで会えますように。

                       ミルクのママより






スポンサーサイト



伊豆高原 ギャラリーぶなの木 ネコのミルクとジル日記 | 20:44:06 | Trackback(0) | Comments(0)
激しい雨の一日でした。
雨と風が強く、お客様の来店もないので自宅で
夏物の麻の衣類にアイロンがけをしながら、の介護をしていました。

あ~こんなのもあったっけ・・・などと不謹慎なことになっています。
今年は、(今のところ・・)麻のブラウス1枚 コットンのタンクトップ1枚をゲットしました。
カラー物に挑戦しようか?と思って試着してはみるのですが、
どうも顔色がくすんでしまう。

やはり白とせいぜい生成り ライトグレイ サンドベージュ かな?
少しでもくすんだり 濁った色はダメですね。

人それぞれに似合う色が違いますね。
ご自分で良くわかっているお客様 私に尋ねるお客様、これもいろいろです。

プライベート 伊豆高原 ギャラリーぶなの木 | 00:00:31 | Trackback(0) | Comments(0)