FC2ブログ
 
■プロフィール

ミセスぶなの木

Author:ミセスぶなの木
ご訪問ありがとうございます。
小さなお庭の花のこと、猫のミルクとジル
そしてギャラリーの毎日の独り言

コメント頂けると励みになります。
よろしくお願いします。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
オーガニックコットンのタオル考
        10-2-21.jpg

3月11日からのオーガニックコットン展に向けて、新しいタイプのタオルを見つけました。
オーガニックコットンの世界もいろいろで・・・

いままでもいろいろなタオルを扱ってきましたが、
確かにオーガニックコットン100%なのですが、すぐ硬くなってくるもの(なのにエステ用だった)
良く聞くと 経糸はオーガニックコットン 横糸は普通のコットンだった。

オーガニックコットンしか扱わない織り機で、縫い糸もオーガニックコットンを使用しているところ、とか
中国生産 日本生産 スイス生産とか・・・・・・
オーガニックコットンの布だけれど染色は科学染色
植物染色だけれど仕上がりが硬い。

ゆるい織り方のほうが、肌さわりも柔らかですが、
子供ものころからパイルのタオルを使用しているから ガーゼ織りはなじまない。
パイル織りのタオルのほうが、やはり早く硬くなってきます。
ガーゼ織りはどうしても水分の吸収量がパイルよりも少ない・・・・その分早く乾く。等々。

しかも オーガニックコットンのタオルでも最終段階で、柔らかくするために科学処理されているものもある。
オーガニックコットンしかもケミカルフリーという表示もある。

ぶなの木で今回選んだタオルは
オーガニックコットンに微量のシルクが絡ませてある繊維を使用したタオルです。
ケミカルフリーで・・・・・・・

オーガニックコットンの布を使用したかわいいデザインのブラウスを店頭で、予約を受けています。
なかなか好評で、オーダーを受けて引き渡しは4月中ごろになります。
肌さわりがなんとも言えず、乾きも早く デザインも良し!

オーガニックコットン展ではオーガニックコットンの糸で、
ニット織りの薄手セーターや四角ポンチョ マーガレット 腕カバー 手首カバー なども入荷します。

そうそう オーガニックリネンなるものもあります。
麻布もリネンとラミーと一応 日本ではこの2種が麻の布と認可されています。
リネンとラミーは植物の種類が違います。

植物天然素材としての綿と麻 奥がふか~い。




スポンサーサイト



お店の仕事 ギャラリーぶなの木 伊豆高原 | 15:42:24 | Trackback(0) | Comments(0)