FC2ブログ
 
■プロフィール

ミセスぶなの木

Author:ミセスぶなの木
ご訪問ありがとうございます。
小さなお庭の花のこと、猫のミルクとジル
そしてギャラリーの毎日の独り言

コメント頂けると励みになります。
よろしくお願いします。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
着々と・・・・・おせち
 毎日 少しずつお正月のおせち料理の下ごしらえをして冷凍にしています。
31日までお店をしてますし、独り住まいの母におせちを送るため そろそろ1品ずつ作り始めています。

黒豆は煮てすでに冷凍。
ごぼうの八幡巻きも 味を含ませる前段階までして冷凍。
干しアンズのシロップ煮も作り冷凍。
昨日は、山形の郷土料理「冷汁」を作り冷凍。

きょうの新聞のスーパーナガヤのちらし 有頭えびがでていましたのでそろそろ
海老のつや煮を作って冷凍しようかな?
あとヒラメのこぶ〆も・・・・・と

ローストビーフも届いたし 芳醇梅酒をたのんで、これはお正月のおとそのかわり

お正月近くにならないと作れないもの
(なます 蟹と錦糸卵の寒天よせ いりどり キンピラ だてまきの変わりのだし巻き玉子 中華風前菜 菊花かぶ 数の子と小松菜のあえもの )
をチェツクして 材料を買い
30日には母にヤマトさんで送ります。

きんとんと 昆布巻きは好きではないのでパス。

彼と結婚してから伊豆にくるまで、年末・年始はスキーで家にはいなかったので、
おせち料理もここ10年のキャリアですが、まあまあ慣れてきましたし 我が家の味になりました。

子供のころから料理はお手伝いしてまして、
小学生のころからおやつに自分で卵焼きをつくってたべていました。

中学生の家庭科の時間に玉ねぎのスライスを「タッタッタッタッ」と切っていたら
クラス中が急に静かになり、先生はじめクラスのみんなが、回りをかこんで、シーン。
これには 私がびっくり。家庭科の先生(23歳くらいでしたね、今考えると・・・)が目をまん丸にしてました。

実は私 母にだまされていたことが判明しました。
「みんな家でやっている・・・」と言われて コロッケとかキャベツの千切りとか 普通にこなしていました。
お皿洗いとかも。

この日を境に反抗期に突入したのはもちろんです。





スポンサーサイト



結構料理好き 伊豆高原 ギャラリーぶなの木  | 12:02:03 | Trackback(0) | Comments(0)