■プロフィール

ミセスぶなの木

Author:ミセスぶなの木
ご訪問ありがとうございます。
小さなお庭の花のこと、猫のミルクとジル
そしてギャラリーの毎日の独り言

コメント頂けると励みになります。
よろしくお願いします。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
小林真央さん、安らかに・・・・・
真央さん、心残りでしょうが、十分に戦いました・・・・・
今は安らかに穏やかに 天国で、見守ってくださいね。

病と闘っている者にとって、
癌という病ではなくてもたくさんの共感が得られたと思うし、励みや安らぎになってくれた方だと思います。
いままで、ありがとうございました。





伊豆高原 最近の医療 | 11:43:20 | Trackback(0) | Comments(0)
だから言ったのに・・・・・
昨日の検査、胃カメラと大腸の内視鏡検査 しかも同じ日というか一緒に?

胃カメラは今年の3月に健康診断で、飲み 異常なしだったのですが
いくらそれを先生に言っても聞き入れられず

8月の入院の時に、「うちの外科の先生も自分の目で見ないと納得しないから」と 理由で、説得され
仕方なく飲み 異常なし。挙句あくる日に退院させられました。
だから言ったじゃないの・・・・・・

それで、また昨日 現在通院している病院で、胃カメラをのみ、異常なし。
今回の先生の言う事にぁ 「ポリープなどは、発見しやすいけれど、平らなのは、素人?には見つけにくいから」
とわけのわからないことを言われて、飲まされたところ、異常なし、
だからいったじゃないの・・・・・・

胃カメラが終わると、すぐ大腸の内視鏡
される方は大変です。
おまけに大腸も小腸も異常なし、おまけにポリープすら無いとの事

検査をオーダーする先生は、いいですけれど、患者はたまったものではありません。
なんと3月 8月 9月と胃カメラのんで、異常なしの私はどうしてくれるの?
もう 胃カメラのプロです。
大腸の内視鏡ははじめての体験でしたが、これで、
食道 胃 十二指腸 小腸 大腸とお墨付きをいただきましたが、

結構大変でした。あ~ 疲れた。



伊豆高原 最近の医療 | 22:59:57 | Trackback(0) | Comments(0)
この3年間の体験で、判った世の中の事
この3年間のトラブルを経て、
世の中自分が考えていたほど素晴らしい世界では無いのだということが判りました。

例えば、一度も負けたことが無いという弁護士
それは、負けそうな案件は引き受けない、どんなに気の毒な案件であっても
決して、勝てない案件を引き受けないから、負けたことのない最強の弁護士なのです。
非情であろうがなんであろうが、それが現実で、熱血弁護士はドラマの世界にしかいないというのが現実。

それから、病院も・・・・・
今 病を得て、色々な医者や病院と関わって、
いままで、なんか変だなあと思っていたことがはっきりと見えてきました。

友人が以前膵臓癌で大学病院に入院しました。
すでに手術が出来ない状態で、調べたところどうも1年くらいか・・・・・という状態で、ありました。
しかし、家族と本人 病院は抗がん剤の治療を選択しました。
私は 正直驚きました。
抗がん剤を繰り返しても、体調が悪化するだけで、普通の生活は望めません。
しかし、他人である私が意見をいう立場でもなく
3回目に会いに行った時は、すでに話も出来ない状態でした。
そのあと、御主人から電話がきて 転院したと聞きました。「えっ あの状態で?」

要するに、もう命が消えかかってきているので、大学病院から追い出された・・・・・
その時は、大学病院もベッドが足りず、早く空けたいのだと思いましたが、
最近になって、自分が入院したりして、きがつきました。

大学病院は特に、癌の生還率にこだわり、
自分の病院では最後を迎えさせたくない、そうすることによって大学病院の価値があがることに固執している。
大学病院のランキングがあるのです。


さきの弁護士と同じで、末期で困っている患者や、難しい患者はなるべく引き受けたくないので、
セカンドオピニョンの料金をメチャメチャ高く設定し、受診するのを諦めさせる、病院とか・・・・・・
そういう病院が高ランクなのです、

なんか、がっかりする世の中なんだなあとしみじみ。

でも、そんなよの中でも生き抜いていくしかない私たちは、
勉強し、自分の直感力を信じて、諦めず、
まだまだ残っていると思われる良識の世界を求めて行きましょう。
うわべだけの優しさ、インチキのネットの世界にだまされず、真実を見極める力を身につけましょう。





伊豆高原 最近の医療 | 20:41:46 | Trackback(0) | Comments(0)
入院グッズ 継続
入院のための品ぞろえはなかなかたくさんのアイテムがあり それなりに大変です。
本格的入院の経験が無いため、新発見な事ばかり
長期旅行みたいなものですから、日常品もけっこう半端なく、
しかも 私は自他ともに認めるところのハンドバッグ症候群

地元の電気やさんで、アイポッド成るものを購入し、せめて音楽でも聞こうとおもったところ、
三軒の家電で、お取り寄せ 10日間かかる。電源コンセントも取り寄せ・・・・えっ
音楽いれるのに間に合わないじゃん・・・・・仕方無くネットで探すことに。
蓋付き真空マグカップをネットで、探すも日本製は無く、日本はどうなっていくのでしょう。

スプーンとか箸は自前で用意ということなのですが、、2、3日はあまり動けないとおもうので、
コンビニの箸とスプーンをなぜか捨てない彼の私物をもらうことに、
こういう時と災害時には役立ちそうですが、
普段は邪魔・・・・・その後は木のスプーンとかいつも使用しているものを使いたいので、持参の予定。

そうすると、「洗う」ということが出てくるので、
中性洗剤とミニスポンジ 拭くためには布巾ではなく使い捨てのキッチンタオル 1箱
というように、色々出てくるわけです。

病棟は乾燥しているので、
のどあめ、保水性のあるマスク、保水性のあるスプレータイプの化粧水
隣の方の(自分のは?)いびき対策に「耳栓」、今回は6人部屋希望ですから
そのあたりは、考えないと・・・・勿論 ラジオは、持参

タオルとパジャマの入院セットは病院で借りることにしました。
彼がお店を休むわけにはいきませんから、入院しても自立しなければ
なんといっても私は東京の病院に入院します。
しかし、身内や知り合いには、お見舞いには来ないように頼んでいます。

20歳から働き続けて、60歳過ぎても働いて、こんな長期休暇(?)は久しぶりなので、
とにかく 一人生活を満喫したい、「絶対こないで!! 邪魔しないで、」と懇願中

無事に生還できたら、外来にあるスターバックスで、コーヒーを飲みながら本を読みたい。
飲んでいる自分を想像しながら、ベストな入院グッズを準備しています。

伊豆高原 最近の医療 | 11:30:18 | Trackback(0) | Comments(0)
なんだか そういう年齢なのです。
最近 お客様がすごく少ない伊豆高原です。とおもっていたら、
出かけた東京のデパート (あ~この響きレトロな感じ) 軒並みガラガラでびっくり
ぶなの木だけではなかった・・・・・でもなんで?
店員さんの姿だけが妙に目立つ感じです。「セール」もないし・・・・
銀座は外国の様相ですし、入ったコンビニの店員は全員中国人の方
泊まったユニットホテルの従業員はインド人
私はただの日本人 ここは、どこ?

先日のMRIの続きで、毎週のように、仕事と病院・・・・さずがに疲れました。
いろいろ驚くべき体験
まず かかった診療所の先生の言葉

「手術してもいいし、しなくてもいいし・・・・・・」  どっちなのよ~
「9月まで、様子みましょう。」  しかし どうせ MRIも撮ったし、
するなら 「今でしょ」と手術の覚悟をきめたのに

その事を告げると、驚くべき発言
「うちは、あなたのような症状の患者さんはすくないので・・・・」  
ということは、ここに来ても9月まで様子を見たって分からないということではないのかしらん
それに、あの1万円のMRIを読影する技術は?

ということで、私の症状を沢山診ている大きな病院を紹介してもらうことにしました。
MRIを無駄にしてももったいないし
またまた 大きなMRIの画像のはいったバッグをずるずるひきずりながら、
あっちウロウロ こっちウロウロ ユニットホテルに2泊、その間にしごともこなし
そ他の検査結果も勿論持参していましたので、
伊豆からいっても、無駄なく行動できました・・・・・・・が
アクシデント、大きな病院に行く日の朝
右手にMRI の画像のバッグ、左てには、2泊の泊まりの大きなバッグを持ったまま
足がもつれて、顔面から転びました、サングラスは傷だらけ 鼻はひくいので、無傷、鼻のしたをすりむきました。
いや~ 子供でもこんな転び方はしない。

やっぱり、かなり疲れていたんだと思います。

で、大きな病院では、良い先生に当たりました。
造影剤をいれて、追加検査のCT撮影。
ではCTの予約を1週間後といわれるのかと思ったら 当日に撮れました。
と言うのも CT MRI の撮影する部屋がぞろりと並んでいるのです。スゴイ・・・・・
しかも、MRIとCTなどの読影専門の先生が診断するらしい・・・・・すごい

それと一番感激したのは、プロ意識が高いこと
こちらに居ると、今でも「おい こら!」先生がいるのには驚くけれど・・・
やっぱり 都会はいいねぇ

ひとついえることは、競争が激しいからともいえると思う
こちらは、競争はないですものね、だまってても患者が来るし、
だから ああいう態度になるのか・・・・ともおもう。

伊豆の観光もある意味そういう側面があると思う、
お魚と温泉があるから・・・・・では、もう通用しない。






伊豆高原 最近の医療 | 22:07:29 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad